私の資格自慢!

体験談3:看護師資格はなんといっても就職に強い

私は看護師の資格を取得しています。
私の場合は、大学で看護学部に入ることによって勉強をすることができました。
そして国家試験を受けて合格をして、その後に看護師として働くことができています。

 

看護師の資格があると、なんといっても強みとして、就職に困ることがないということです。
看護師は、未だに不足しています。
そのため、多くの病院などから常に募集がある状態なのです。

 

そのことから、もしも一旦看護師をやめたとしても、また看護師として働くことが容易なのです。
そんなことを思うと、本当に看護師資格を取得して良かったと思います。
再就職に強いということは、結婚をしても出産をしても、その後の就職先のことについて心配することなく、やめることができます。

 

そんな職種と言うと、国家資格を取得しているものが多いですね。
そのことを思うと、やっぱり資格を取得することは、とても強みになります。
そしてそのことで、自分としても自信を付けることができます。

 

 

体験談4:私が持っている資格について

 

私が持っている資格は社会保険労務士という資格があります。
この資格があれば他の士業と呼ばれる資格よりも使える資格なのでおすすめです。

 

では、実際にこの資格のどこがおすすめかというと、
それは士業というのは弁護士や税理士や公認会計士などありますが、どれも基本は独立開業するものです。

 

もちろん、社会保険労務士も開業できます。
ですが、この社会保険労務士の資格というのは開業以外に
勤務社労士というのがあってどこかの社会保険労務士事務所に
勤務して働くという事ができる珍しい士業です。

 

ですから、イマイチ自分は開業する自信がないという
人もこの社会保険労務士という資格ならどこかで働きならがらでも社会保険労務士として登録できるので、他の士業の資格よりも選択肢が多いのは間違いないです。

 

ただ、それだけ選択肢があって魅力がある資格ですが
難易度もそこそこ高いので中途半端な気持ちでこの資格を取得しようと思わない方が良いです。

 

それくらいそこそこ難易度は高いです。

 

 

■就職・仕事に役立つおすすめサイト■

 

▼未経験でプログラマーを目指す方へ
30代高卒トラック運転手がプログラマーになるまで