私の資格自慢!

体験談7:保健師は就職に強いので有利

私が取得している資格は、保健師です。 保健師と看護師の免許を持っています。 その両方とも、看護大学に行くことによって、勉強をすることができました。 そしてその後に国家試験を受けて、免許を取得しました。 国家試験については、とても面倒と一般的には感じます。 とてもむつかしいと、そんなイメージがありますね。 ところが、保健師の試験はそんなにむつかしいことはありません。 一般的に学校で勉強していた内容なのです。 そのため、合格率もとてもいいです。 私の大学では、全員が保健師の国家試験に合格しています。 それほど、ものすごく頑張らないといけないということなく、受けることができます。 しかも、就職に困ることがありません。 もしも地元で就職をすることができない場合は、ほかの募集をしているところで就職をすることができます。 そのため、とても便利です。 就職をすると、残業も少ないし、お給料もそこそこいいので、その点でも満足をすることができます。

体験談8:ポピュラーで出番の多いフォークリフト免許

資格としては余りにポピュラーな種類かも知れませんが、私の様な機械音痴・運転音痴でも何とか取得する事が出来たのがフォークリフト免許。 倉庫作業だけに留まらず、最近はホームセンターといった大型量販店内にある園芸コーナーの品出しにも利用されているのを始めとして用途が広がっており、きっと役立つ場面はある筈です。 フォークリフト免許は短期スケジュールの場合、座学と学科テスト、そして実技講習と実技テストとを合わせ、4、5日もあれば修了出来ます。数日間の休暇や休日を利用すれば取得する事が出来、取得へのハードルが大変低いのも魅力的なのです。 私が実技で利用したのは1.5トンタイプのカウンターフォークでしたが、このコースで取得した免許であれば大半のタイプやサイズのフォークリフトを運転する事が出来、応用の幅は意外と広くなっています。 最も活用の機会があるのはおそらく倉庫内におけるバッテリー駆動のリーチフォークでしょうが、別途講習を受けずともすぐに運転する事が出来るのです。私が現在仕事で利用しているのもこのタイプですが、爪の高さに慣れる事が出来れば運転はそう難しいものでは無いでしょう。

 

■就職・仕事に役立つおすすめサイト■ ▼シングルマザーが転職を成功させるには シングルマザーの転職成功談