私の資格自慢!

体験談11:愛犬家ならドッグトレーナーの資格を持つことをおススメします

日本でも犬を飼っているご家庭は多くあると思いますが、その中でドッグトレーナーの資格を持っている方はまだまだ少ないの現状です。 確かに犬を買うだけならば資格を必要とはしませんが、犬との適切な関係を結ぶにはそれ相応の勉強が必要となります。 かく言う私も犬を飼い始めてからドッグトレーナーの資格を取りました。もともとは犬の躾を正しく行いたいという理由からだけでしたが、実際資格の勉強を始めると、犬種による健康上の注意点や栄養学、そして適切な運動等の膨大な情報に驚くと共に、知らないことだらけでした。 私は正しい知識を身につけられたことにより、何気ない犬の表情や行動でどのような心理状況なのかがわかるようになり、正しい接し方が出来るようになります。 もちろん当初の目的の正しい躾方法もきちんと学ぶことができましたが、それ以上に犬に対する理解が深まり、より親密な信頼関係を構築することが出来たのは、ドッグトレーナーの資格のお陰だと確信していています。 愛犬がいらっしゃる方も是非、愛犬の為だけでなく自分の為にもドッグトレーナーの資格を取得することをおススメ致します。

体験談12:私のおススメはヘルパーの資格です

私は学生時代に授業の中でヘルパーの資格をとったのですが、プライベートでとろうと思っても、わりと短期間で許容範囲内の価格でとれるので、資格としてもおススメだと思います。 転職などでいざ福祉の業界に入りたいと思っても、介護施設のボランティアに参加しても、最低限ヘルパーの資格がなければ身体介護をしてはいけない部分が出てくるので困ることもあります。 資格を取得する際に「介護の基礎(着脱の仕方・おむつの交換の仕方・車いすの使い方など)」を学ぶので、いざ自分の親の介護が必要となったときには、多少なりとも介護のやり方を理解しているので、介護がやりやすくなると思うからとっておいて損はないと思います。 誰もが知っている資格だし、誰でも取得しやすい資格だけれど、履歴書に書いたら資格としても、他者に認められやすい資格であると感じます。 私は新卒でヘルパーの資格のみで採用していただき、数年間正社員として勤務していたので、この資格は必要だと断言できます。 (スポンサーリンク) ゴルフドライバーの飛距離に悩む方 子供の習い事プログラミング教室 堅実なタクシードライバーに転職するなら 女性の就職に有利スキンケアアドバイザー資格

スポンサーリンク