私の資格自慢!

体験談13:ファイナンシャルプランナーはどういった方にもおすすめ

様々な資格を取得してきましたが、その中でも学んだこと自体に大きな意味があり、役立ったというのはファイナンシャルプランナーの資格でした。 2級まで合格しましたが、経済の仕組みなどの大まかなことを学ぶことができてよかったと思います。 仕事自体にも役立つのかもしれませんが、特に自分の生活に役立つのではないかと感じています。 保険のことや年金のこと、相続や不動産のことなどは、普通に生活しているだけでも接していく重要な問題です。自分で判断しなくてはならないことも多いですし、人任せにしてしまう事で損をしてしまう事もあるでしょう。そういった時に自分で判断できるだけの基礎知識があると、役に立つはずです。 ファイナンシャルプランナーの資格取得のために勉強をすることで、そういった必要な知識が身についていると感じました。 勉強している意味を感じやすかった資格といえます。 教材もテキストと問題集だけで十分だったので、費用面でもかなりお得な資格だと思いました。

体験談14:おすすめ!漢検準一級!

私が持っている資格の中で一番の自慢は「漢検準一級」です。 「準」はつきますが、かなり高難度な資格で、一読するだけでは読めない難読漢字が数多く出題されます。 勉強方法は参考書を一冊購入して、分からない漢字をひたすら練習するだけです。 空いた時間にゲーム感覚で行うだけで知識は着実に蓄積されていくので、勉強が好きな方ならば楽しく資格取得に近づけます。 特別な勉強は必要なくただ漢字を覚えるだけなので、必要経費は参考書代と受験料のみです。大変コストパフォーマンスのいい資格だといえます。 勉強期間も、個人差はありますが、短い人なら一ヶ月、パーフェクトを目指すならば一年間で十分合格できると思います。 漢字検定は有名な資格ですから、大学受験や就職に役立つと聞きます。学生の方におすすめかもしれません。 しかし、それだけではなく、クイズ番組で難読漢字として紹介される漢字をすらすらと読めるようになるのはとても気持ちがいい経験です。

スポンサーリンク