私の資格自慢!

体験談15:秘書検定ビジネスマナーの参考になる

私は接客業に就いていてオフィス勤務をした事がなかったのですが、転職を考えた際に、何か資格を取ろうと思い、手軽に取れそうな秘書検定を選びました。 秘書検定のテキストには、秘書になるための知識というよりも、オフィス勤務をする女性にとってとてもためになる内容がたくさん載っていました。 お客様をお迎えし案内する時の所作や、お茶出しの方法等の、接客業の中では学ぶことができなかったマナーの勉強にはとても最適な内容が豊富でした。 電話応対などの言葉遣いや、お辞儀の方法関しては接客業の時のおさらいにもなりました。 私はその後に企業の受付担当者として勤務する事になるのですが、秘書検定を持っているという自信を持てました。 学んだ内容と試験勉強用のテキストは、受付業務の初心者だった私にとって、とても素晴らしい先生になりました。 取ったのは秘書検定二級ですので、金額も低くて実技もなかったため、気軽に取ることができました。 一級のもいずれはチャレンジしたいと考えています。

体験談16:MOSを持ってると就職の時も有利です!

私はマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)のExcelの資格を持っています。 以前システムエンジニアの仕事をしており、仕事上Excelはとても頻繁に使用していました。 普通に受験をすれば受かるだろうという自信は少しありましたが、それでも試験に絶対はないので、受験前はテキストを繰り返し勉強しました。 実際仕事で使ってたところもあれば、使ってなかったところもあり、勉強をしなければ良い点数は取れませんでした。 受験前にテキスト1冊分の勉強をし、予想問題を解いて、本番の試験では一発で合格する事ができました。 元々の仕事を活かしシステム系の資格を取ろうと思ったこともありましたが、仕事の片手間で勉強をしてもなかなか受からず断念してしまいました。けれどもこの試験は元々Excelが使えたということもあるのですが、仕事をしながらの片手間の勉強でも合格をする事ができました。 そして転職の際ですが、システム系の仕事でなくてもExcelができるととても重宝されます。履歴書にこの資格を書くことで就職が有利になるようにも思いました。

スポンサーリンク